本文へ移動

GasEye シリーズ

レーザー式ガス分析計 GasEye Cross Duct
AIROPTIC 社製品
AIROPTIC製のGasEye Cross Duct は、吸収分光法を利用した分析計で、光源に半導体レーザーを利用しています。排気ダクトの両端に発光部と受光部のユニットを設置し、レーザーをダクト内で通過させることでガス濃度の測定を行います。サンプリングによる分析計へのガス移送の遅れがない分、応答が早いのでボイラーの燃焼制御など、工場プロセスにおける計装の用途に適しています。

測定可能な成分としてはCO、CO2、O2、NO、NO2、SO2、HCl、NH3、H2O、CH4、C3H8などがあります。複数成分が一台で測定できるモデルもありますが、対象成分の測定濃度によりますので、詳細はお問い合わせください。

発光部と受光部にあるレーザーの通る窓をダクト内の腐食性ガスやダストから保護するため、エアーカーテンとなるパージガスがユーティリティーとして必要です。また測定原理上、プロセスの温度や圧力が変わるとレーザーの吸収量に変化が生じるため、ガス濃度が変わらずとも測定値が変化します。この補正を行うため、温度と圧力センサーを別途用意されることが推奨されます。

測定値の出力信号としてアナログ出力が利用できます。

仕様

測定方式
LAS(レーザー吸収分光法)
測定成分
一酸化炭素(CO)ほか
※測定可能な成分および組み合わせはお問い合わせください
フルスケール測定レンジ (CO)
1ppm~100%の範囲にて発注時指定
※プロセス条件に合わせた装置仕様となります
検出限界 (CO)
20ppb
※23℃、1atm、光路長1mのとき
測定精度 (CO)
検出限界または読み値の1%の大きい方
正確度 (CO)
検出限界または読み値の2%の大きい方
サンプルガス温度
0~1350℃
※装置仕様による
サンプルガス圧力
70~200kPa(絶対圧)
許容ダスト量
50g/m3以下
※サンプルガスによる
フランジ寸法
DN50
※必要に応じて変換フランジも供給可
ディスプレイ
カラーLCDタッチスクリーン
アナログ入力
4ch、4-20mA(プロセス温度・圧力)
※測定値の補正用、ユーザー様にてご用意ください
デジタル入力
8ch、24VDC 10mA
アナログ出力
4ch、4-20mA
※測定値、透過率、予備x2
リレー接点出力
8ch
通信
TCP/IP(オプション)
プロセスパージ流量
清浄空気または純窒素 5~50L/min
※プロセス条件による
センサーパージ流量
清浄空気または純窒素 0.2~7L/min
※設置環境が悪く装置の保護が必要な場合
設置環境
-20~+55℃、800~1200hPa、<95%RH(露結しないこと)
電源
24VDC、<15VA (ATEX防爆仕様は<25VA)
※AC→DC変換ユニットの供給可
重量(光源部)
約 13 Kg
重量(受信部)
約 15 Kg
寸法(光源部)
33W x 35D x 23H (cm)
寸法(受信部)
16W x 33D x 16H (cm)
AIROPTIC 社製品
19インチラックマウント型のGasEye Extractiveタイプもあります。レーザーは内部に設置されたガスセル内を通過し、このガスセルにサンプルガスを導入することで測定が行われます。ガスセルは測定成分および濃度に合わせて、光路の短いシングルパスと光路が長いマルチパスから適時選択されます。

測定可能な成分はCross Ductタイプと同じですが、サンプリングする性質上、シビアなサンプルガス条件では適用できない可能性があります。検討の際はご相談ください。
日本サーモ株式会社

〒611-0041
京都府宇治市槇島町落合118番地

TEL:0774-21-2111
 FAX:0774-21-2240