超高感度大気ガス濃度計

中赤外レーザー式ガス分析計  MIRA Ultra Series

AERIS TECHNOLOGIES社のMIRA Ultra Siriesは、中帯域レーザーを使った超高感度の大気ガス連続モニターです。
近赤外レーザーを使ったモニターに比べて測定成分による吸収が2〜3桁大きく、ppb以下の超高感度で周囲温度の影響を受けず、2ppb p-pの長期ドリフトを実現しています。
測定成分として、CO2、CO、メタン、N2O、H2O、C2H6やH2COがあります。
内蔵ディスプレーに測定した濃度を表示ができ、パソコンなしで測定できます。また、アナログ出力も出ているので簡単にロガーに接続できます。
Aeris Technologies 社製品

仕  様

測 定 方 式
中赤外半導体レーザー吸収法
測 定 成 分
CO2とisotopes、メタン、N2O、H2O、
C2H6、CO、H2COのいずれか
測 定 濃 度
20 ppb〜10,000 ppm(測定成分により異なる)
精度・ドリフト
2 ppb p-pもしくは読みの0.1%
感度(メタン)
1 ppb/Hz1/2以下
デ ィ ス プ レ ー
7インチLCDタッチスクリーン
出 力 レ ー ト
2 Hz
ア ナ ロ グ 出 力
あり
デ ジ タ ル 通 信
USB、イーサーネット、RS232
デ ー タ 保 存
32 GB
設 置 環 境
15〜35℃ RH<95%(露結しないこと)
電     源
100 - 240 V AC 25W
重     量
約 5 Kg
寸     法
440W x 300D x134H
超小型、60cc、13mの光路長のマルチパスセルを備えたMIRAレーザーベースの集積されたレーザーと検出器のサブアセンブリエンジン
標準的な精度と長期間のドリフトは、数回の熱サイクル条件で1時間の移動平均値で示されます。 低ドリフトは、光コアを熱的に安定化することによって達成しています
近赤外レーザーを使った分析計は1.25〜1.65umの波長を使って分析しますが、Aeris MIRAは2.5〜4.8umの中赤外レーザーを使って分析するので2〜3桁高感度にできます。
ご質問、詳細資料や資料の要求などございましたら sales@thermo.co.jp へ電子メールにてお問い合わせください。